人身傷害保険

 

自動車保険の人身傷害保険というのは、契約している自動車に一緒に乗っていた人はもちろんのこと、本人と家族は、交通事故にあった場合でも保証されるというものです。さまざまな自動車保険会社が、人身傷害保険を販売していますが、自分の自動車に乗っている人の補償のみならず、他の車に乗っている時の保障や歩いている時の交通事故なども適応になるというのはうれしいですよね。自動車保険の人身傷害補償と搭乗者傷害補償は同じだと思って人身傷害補償をかけない人がいると聞いたことがあります。
しかし自動車保険の人身傷害補償と、搭乗者傷害補償は大きく違っています。自動車保険の人身傷害補償の場合には、実際にかかった治療費や入院のお金を補償していますが、搭乗者傷害補償の場合には、実際にかかったお金にかかわらず、補償される保険金は決められた一定額だけしか補償されません。
ですから、一定額以上の保障額を支払わなくてはいけないといった場合の負担が大きくなるというわけです。自動車保険をかける際には人身傷害補償と搭乗者傷害補償のどちらもかけておいた方が安心して車に乗ることができると思いますから、どちらかを選ぶのではなくて、どちらもかけておくと安心です。

厳選2

#サイト名PRリンク