保険と示談

 

自動車保険は事故にあったときに使う保険です。交通事故を起こしてしまった場合には、賠償金を支払わなくてはいけません。もしも事故を起こして加害者になったという場合には、民事ではどうやって責任を負っていけばいいのかというと、多くのケースが、交通事故は早く解決したいと思っている人が多いので、示談で解決することが多いと言われています。示談が成立するかしないかは、お互いの話し合いで決まります。お互いの話し合いというのは直接話し合うこともありますが、自動車保険に加入している場合は、自動車保険会社と被害者、または自動車保険会社同士での話し合いになります。
示談成立ということになれば、示談書を作ります。過失割合とか賠償額などを話し合って決めていきます。そして保険金の支払いということになり解決します。
しかし自動車保険会社に話し合いをしてもらっても、中には示談不成立になってしまうこともあります。そうなると、調停が始まります。調停を裁判所で行って、そこでまた示談が決まれば支払をして解決しますが、示談不成立になった場合には、訴訟を起こすことになります。
訴訟を起こしてしまうと、和解か判決かに分けれ、最終的に支払い解決するという流れです。調停や訴訟は簡易裁判所や裁判所が入ってきますし、費用もかかれば時間もかかります。精神的な労力も掛かりますから、できれば最初からスムーズに示談成立をして支払うことになれば解決も早くなります。

厳選5

#サイト名PRリンク